ハテヘイ6の日記

ハテヘイは日常の出来事を聖書と関連付けて、それを伝えたいと願っています。

福島県浜通りに吹く大風

「そこへ荒野のほうから大風が吹いて来て、家の四隅を打ち、それがお若い方々の上に倒れたので、みなさまは死なれました。私ひとりだけがのがれて、あなたにお知らせするのです」(ヨブ1:19)

 これは荒野から吹いて来た大風で、家が倒壊し、人が死んだという個所である。おそらくアラビア砂漠の何もない平原だろう。ヨブの苦難の始まりである。

 では福島県浜通りに冬場吹く大風はどのようなものか。それも実は台風並みなのである。

 それを知らないで引っ越して来て、友人から買ったソーラーパネルを8畳間の外に出しておいたら、およそ倒れる事はないと思っていたのに、倒れて相当傷つけた。

 それからはこの冬場の大風を相当警戒して来たつもりだった。我が家は隣の家々と密に隣接してはいないので、もろにこの大風の影響を受ける。うなり声を上げて吹きまくる。家が時々揺れる。台風と引けを取らない。下図参照。オホーツク海あたりを発達した低気圧が通過中。

f:id:hatehei666:20190120215957j:plain

 また湾岸を東に進む低気圧もそうだ。これがいわき市あたりでは、長時間にわたって吹く。

 昨年12月教会の或る人から、自転車3台が置ける駐輪場を作って欲しいという要請があった。私が築59年になる家をずっと修理してきたのを知っていたからである。

 それを簡単に引き受けたのが間違いだった。

 ネットの情報を駆使して、単純な形のものを単管パイプを使ってやってみようと思った。初めての試みだったが、途中までは楽しくやれた。

 ところが教会の外構を専門にしているIさんから、これでは浜通りの大風が吹くと、基礎ごと吹き飛ばされてしまうと忠告された。顔色が青ざめた。

 以来正月休みも返上し、朝から晩まで対策を練った。Iさんは御影石の上にピンコロという単管を通す穴のあるコンクリブロックだけでは駄目なので、コンクリを流すか、支柱の単管の隣に、もっと長い単管を添えてクランプで一緒に結び付ける必要があると言った。

f:id:hatehei666:20190119093324j:plain

 依頼者はここのアパートを借りており、大家さんの許可は得たものの、そう簡単にコンクリなど流すわけには行かない。それで自在の単管用クランプを用いて、斜めに単管を打ち込んでみた。これが効くのかどうか全く分からない。

 しかしここまで来て諦めるわけにはゆかない。「塔を築こうとするとき、まずすわって、完成に十分な金があるかどうか、その費用を計算しない者が、あなたがたのうちにひとりでもあるでしょうか。基礎を築いただけで完成できなかったら、見ていた人はみな彼をあざ笑って、『この人は、建て始めはしたものの、完成できなかった』と言うでしょう」(ルカ14:28-30)というみことばがあったからである。こうなると、考え抜いた後は全て神に委ねるしかない。

 写真のようにピンコロ石の周囲をコンクリで固め、斜めに単管を打ち込む作業をもって、現在基礎の工事が進行中である。ポリカ波板の笠ネジを打ち込む事も急いでやっている。1月11日から断続的に吹いている大風の時は、ただ祈るしかなかった。次の日飛ばされていないのを確認するとほっとし、主に感謝した。

 時間と金のかかる私的な仕事だが、もはや神の栄光を辱しめない事だけ考えている。

 これも他のブログ閲覧の時間がない理由である。いつも見てくれている方々に申し訳ないと思っている。

 

阪神大震災と東日本大震災を経験して

「彼らは神の力をも、神が敵から贖い出してくださった日をも、覚えてはいなかった」(詩78:42)。

 新聞の記事を読みながら、阪神大震災からもう24年も過ぎたのだと感慨深かった。

 1995年1月17日午前5時、姫路市の北にある夢前町で大震災を経験した。その時の事を何と形容したらよいのか未だ分からない。とにかく西日本とりわけ大阪では、神奈川にいた時ほどの中規模な地震は無いものと信じられていた。

 だから5時46分まだ暗い中、何が起きたのだろうかと思った。さながら大きな削岩機が家の中に踏み込んで来て、掘削を始めたような音で始まった。そう、地震動とは何だか違う、あの騒々しい音だけであった。ダダダダ…それが何秒も続くので、もしかしたら地震?と思い、2階家だったから、当時一緒に暮らしていた母親と2階に移り、サッシ戸を開け、素早く着替えをし、二人で身構えていた。母親は1923年の大正大地震を経験しているから、パニック状態にはならなかった。

 その後である。強烈な横揺れが始まった。家は新築に近かったが、それが菱形に変形しているように感じた。長い時間(ほんとはあっという間だっただろうが)それが続き、もう1秒でも続いていたら、家が潰れるという状態だった。

 幸いそれが治まり、私たちは下に降りてラジオのニュースに耳を傾けていた。TVは当時なかったと記憶している。それから続々と流れて来るニュースを聴きながら、全く信じられない、戦慄すべき状況が起きたと分かった。たびたび出かけていた神戸市中央区では、軒並み大きなビルが傾いているし、平屋のキリスト教書店はそのままぺしゃんこになってしまった。

 阪神高速道路の崩壊は強烈な印象を残した。緊急増刊された朝日グラフなどは、ずっと取ってあった為、真っ先にそれを思い出す。

 それから16年後に東日本大震災を千葉県松戸市で経験した。自宅のマンションまでもう一足の、工業団地のところで強烈な揺れが始まった。これは明らかに大地震だと直感した。その工場のフェンスに掴まりながら、道に並ぶ電信柱の倒壊があり得るかと、冷静に見つめていた。それは阪神の経験があっての事だった。そういう体験の無い工場の若い女の従業員たちは、中から出て来て悲鳴を上げており、まさにパニックといったところだった。

 そして間もなく東電の福島第一原子力発電所で、あの悲惨な大事故が起きた事を知った。岩手・福島・茨城の大津波もさりながら、この原発事故が頭に焼き付いた。原発がどうして福島に?、放射能がどんな影響をもたらすのか?等々、生まれて以来全く考えた事もなかった。

 やはり朝日グラフなどの情報から、津波で壊滅状態になった上記3県の海沿いの町々の状況を、つぶさに見るのも初めての事だった。しかし歴史教科書から津波の恐ろしさは想像していたので、何よりも次々と爆発する福島原発の膨大なエネルギーに目を奪われていた。下写真は請戸地区。

f:id:hatehei666:20160728114216j:plain

 それからである。原子力の歴史や理論を懸命に勉強し始めたのは。

 そして夢前では震災直後、姫路高槻間の道路が長く不通になり、応援活動が一切出来なかったので(三宮中心部に入れたのは、それから半年後であった)、東日本における今度の大規模な災害に対しては、何とか復興の支援が出来ないかと、祈り始めたのである。

 それから3年経過した2014年11月5日、大学時代の友人夫妻と共に、初めて南相馬市鹿島区まで、通行許可になった国道6号をひたすら北進してみた。そして南柚木の農家民宿に泊まって、主の夫妻から震災の事をいろいろ訊く事が出来たのである。もうその時は福島行きを確信していた。

 その後郡山で物件を探していて、大手の不動産屋から、福島出身とか、福島に勤め先があるという条件でないと、家は貸さないし、物件の売買もままならない事を知った。

 出来る限り福島を歩いてみた。そして二本松の除染作業で大怪我をして、失意のまま松戸に戻り、休養しながら、うつろな目で、パソコンを開き物件を見つめていた。

 その時今の勿来の物件が見つかったのである。同時に大熊の原発に一番近い教会が避難して、勿来から2駅目のところに引っ越して来ていたのも分かった。飛び上がらんばかりにびっくりして、もう半壊に近いその物件は見るのもそこそこ、営業マンの人にその教会まで連れて行ってもらったのである。不思議な導きだった。神がそうされたのだと信じた。

 そして引っ越しからまる3年が経過した。今は福島が第二の故郷、骨はそこに埋める覚悟である。

 

いわき市健康元年と言うが

「そこで、イエスは彼女にこう言われた。『娘よ。あなたの信仰があなたを直したのです。安心して帰りなさい。病気にかからず、すこやかでいなさい』(マルコ5:34)

 2019年1月7日いわき市市長の清水敏男氏は、新春の会見で、いわき市の今年を健康元年とし、健康について市民の意識を高めようと訴えた。

f:id:hatehei666:20160716110430j:plain

 私は勿来海水浴場がオープンした2016年7月16日、テープカットをする清水市長を見た。写真のほぼ中央、でっぷりしているのが市長。他の人々と比較して欲しい。どうも糖尿病に近い体躯だ。
 いわき市福島市郡山市と並ぶ中堅的な都市だが、その健康指標はあまり良くない。2016年の統計では、心臓病と脳疾患が全国平均を上回り、生活慣習病と深く関わっているそうだ。それには糖尿病、高血圧、高脂血症、メタボリック症候群などが当て嵌まる。

 よく言われる事だが、福島県東日本大震災では相当な数の人々が避難を余儀なくされ、それだけでも心身共に疲れ、生活が不規則になってしまった。放射能の事もあって思い切り外で遊べず、家に閉じこもってしまった子どもたちはかなりいる。今も避難先で馴染めず、それを余儀なくされている。教会に通っている子どもたちでも、最近は学校まで通うのを、あまり楽しいと感じていない。教会が「のがれの町」になっている。小5・中2の体力テストが、全国平均を下回っているのもうなずける。

 市民の益の為に芳しい業績を挙げていないと言われる市長、今年はいわき市医療センターを本格的に稼動させ(昨年12月25日オープン)、浜通りいわき市に隣接する北茨城市などの中核病院としての役割を果たすと語った。いわき市内郷に出来たこの新病院、開院前に車で通ったが、巨大な建物という印象だった。豊間にあったいわき病院はロボットを使った先端リハビリで有名だが、それも小名浜に移転し、2月から開院する。教会員でリハビリに励んでいる人に、そのロボットの写真を見せてもらったが、よく出来ている。

 だからいわき市はそうしたインフラで名を挙げたいのだと思うが、実態はと言えば、通いの庶民に負担は大きい。入院などかなり先の事になる。だから地元のホームドクターの所で我慢しなければならない。

 昨年夏に糖尿病専門クリニックに替ったが、さすが専門医だけの事はある。もたもたしていると予約など1週間前でもとれない。予約外なら薬の確保も含め、半日はかかり、くたびれ果てる。

 私は1976年に胃を全て摘出し、1989年大腸の半分と胆嚢をとったが、その後突然糖尿病になり、何らかの腸の「内因子」が関与していると見ている。胃が無い人はそうした内因子が欠けるため、ビタミンB12欠乏性巨赤芽球性貧血を起す。私は今も数値的にはそれとは言えないにせよ、かなりの貧血を抱えている。

 糖尿病はと言えば、平均値も血糖値も相当悪く、今飲んでいる薬が効かないと、インスリンの体内分泌が一桁台なので、近くその注射をしなければならなくなるだろう。加えて合併症としての腎症や、高カリウム血症も併発している。生野菜駄目、果物駄目と食べられるものが極端に限られ、食べる喜びとそれによる新たな力が期待出来なくなってしまった。いわき市の掲げる健康元年どころではない。

 なのでブログ読者の皆様には相当迷惑をおかけするが、寛恕して欲しいと願う。

 

藤沼湖の決壊から8年

「ノアの生涯の六百年目の第二の月の十七日、その日に、巨大な大いなる水の源が、ことごとく張り裂け、天の水門が開かれた」(創世7:11)。

 2019年1月11日の新聞記事によると、福島県須賀川市の西部にある「藤沼湖」(正式には藤沼貯水池)の堤が、2011年3月11日の東日本大震災で崩壊し、下流に濁流が押し寄せ、7人が死亡、幼児1人がまだ行方不明になっている事、そしてそれから8年、慰霊碑の建設が決まった事を報じていた。丸10年になる2021年3月11日の完成を目指すという。

 既に建立されていた浪江町の慰霊碑を2017年10月30日訪れた事がある。太平山霊園にそれはあった。地区は請戸、高さ15・5メートルの大津波による死亡者は182名に及んだ。

f:id:hatehei666:20171030134335j:plain

 浪江町で6年ぶりの事だった。写真は浪江町のもの。

 しかし須賀川市では10年目にしてやっとという感じである。それだけ遅れをとった理由は分からない。寄附金の集め方も協議中だという。

 農水省による「ため池百選」にも選ばれたこのダムが、震災で脆くも崩れたのは、ネットの情報では盛り土をして、一部コンクリで補強されていただけだったからだそうだ。老朽化による水漏れが再三生じ、さらなる補修が流域住民により要求されていたのだが。「わたしの民は二つの悪を行った。湧き水の泉であるわたしを捨てて、多くの水ためを、水をためることのできない、こわれた水ためを、自分たちのために掘ったのだ」(エレミヤ2:13)。これは全能者である神が、背いた民に対して発したことばで、霊的な事柄だが、人間中心主義の工事がいかに危ういものかを、端的に示している。

 湖に溜まっていた水は、150万トンという途方も無い量であるから、人口密集地ならもっと多くの被害が出た事だろう。からくも助かった人々は、恐怖におびえた。

 この湖の歴史や決壊後の様子、その原因については、以下のサイトから参照して欲しい。

www.youtube.com

 こうした出来事を見聞するたび、上記聖書個所、いわゆるノアの大洪水を思わずにはいられない。実にリアルな描写で、当時の全世界が水に飲まれ、ノアとその息子嫁たち、たった8人が生き残っただけだった。凄まじい大洪水は長期にわたり、地上の全てのものが壊滅した。

 この原因は「地上に人の悪が増大し、その心に計ることがみな、いつも悪いことだけに傾く」という、人間の側の罪であった。

 その後地は復興し、ノアの子孫から私たちが生まれたのである。これはひとえに神の慈しみに他ならない。

 

伝統の凍み餅と新しい手法の取り入れ

「そこで、イエスは言われた。「だから、天の御国の弟子となった学者はみな、自分の倉から新しい物でも古い物でも取り出す一家の主人のようなものです。」(マタイ13:52)

 福島に引っ越して来てから、都会ではあまり考えた事の無かった、福島伝統の「食文化」に目を奪われた。

 凍み餅(=しみもち)を作って蓄えておくというのもそうだろう。

 その歴史は古い。ウイキによると既に鎌倉時代まで遡るという。東北などの寒冷地で作られ、飢饉への備えや普段の時の食事や子どものおやつなどで利用されて来た。

f:id:hatehei666:20190111103745j:plain

 画像は会津坂下町で作られたもの。『会津郷土料理』から借用。この地では江戸時代から盛んで、今も会津一円で食べられているという。

 1月6日の福島民報では「オヤマボクチなどを混ぜてついた餅を冬に屋外に干し、凍らせて作る保存食」とあった。オヤマボクチとは別名ヤマゴボウ多年草の一つで、凍み餅を作るときのつなぎとして、もち米などと混ぜて使うそうだ。

 ところが山林で自生するこのオヤマボクチは、2011年3月の原発事故後、放射能が飛散した地域では相当汚染され、出荷の制限がかかった。

 それから5年後の葛尾村では、キログラムあたり100ベクレル(セシウム134,137の合算値)をずっと下回っている。でも今年福島民報では、まだ採取が控えられているという。

 それでは食文化は廃れる。村の凍み餅が無くなってしまうという危機感から、村は郡山女子大短大と提携して保存の為の研究を進め、大学の内部で「種を発芽させ、苗を育てることに成功した」(民報2019年1月8日)そうである。勿論震災前の採取量には到底及ばない。これから伸びてゆくだろう。古いものに新しいものが加わって、手もちの駒が増えた、上記聖書個所における一家の主人のようなものか。

 この研究では、大震災前まであまり明らかになっていなかった事も分かった。健康の為にも優れた食品だったのである。一例としてはカルシウム、切り餅の15倍、鉄分は7倍で、食物繊維も豊富だという。つまり骨を丈夫にし、胃腸の働きを整える働きがある。

 私は慢性的に鉄不足で貧血気味である。だからこうした話は嬉しいと言いたいところだが、何しろ餅はGI値グリセミック・インデックス)が高い。1976年に胃を全摘し、1989年に大腸をかなり切りとってから4年目、突然糖尿病だと言われた。それから26年、遂に食後血糖値も平均値も改善されなくなり、遠からずインスリン注射になりそうである。まだ2週間に1回検査をしているので、突出した値が出れば、この2週間に何を食べましたかと詰問される。

 凍み餅はおやつとして優れているのに、食べられなくてはなはだ残念である。鉄分が多ければ尚更。健康な大人の皆様には、福島の食文化を担うこの餅を、是非食べて頂きたい。

 

2011年3月以後の福島と沖縄ー類似点

「ところが死は、アダムからモーセまでの間も、アダムの違反と同じようには罪を犯さなかった人々をさえ支配しました。アダムはきたるべき方のひな型です」(ロマ5:14)

 アダムはきたるべき方(イエス・キリスト)のひな型とある。ひな型は実物を小さくかたどって作ったものと定義されている。

 これを広く適用してみると、福島は琉球のひな型と言える。明治政府の廃藩置県政策で、琉球王国は解体され沖縄県となった。そして日本近代国家の枠組みの中に押し込まれた。沖縄は以来ずっと虐げられて来たと言える。その最たるものが米軍の占領政策によってもたらされている。辺野古問題では、政府の強行策との相乗効果で県民は蹂躙され、悲惨さを極めている。

 2004年8月12日初めて沖縄を訪問した。宜野湾市に近い恵みバプテスト教会に泊めさせてもらい、翌13日その牧師と共に、伊江島の友人宣教師を訪ねるべく、沖縄自動車道に乗った。普天間飛行場はあの近くだと牧師が教えてくれたが、周辺は住宅密集地だった。本部のフェリーターミナルに無事到着、伊江島に渡ったのである。それから数時間も経たないうちに、沖縄国際大学に米軍のヘリが墜落した。14日の朝その事を知らないまま、私は透明なブルーのさんご礁で泳いだ。2メートルの波が来れば、泥の吹き上がる福島の海とはわけが違う。凄く魅了されたのは言うまでもない。その後沖縄全体がこの事故に目を奪われた。私は基地問題の難しさを垣間見た思いだった。

 福島も同じような経過を辿っているといえるが、とりわけ第一原発事故以降、国の政策でやりたい放題の事をされ、生業はずたずたにされた。今後も沖縄と同じようになるだろう。方々に散らされた元住民は、完全に疎外されている。

 1月9日の福島民報論説では、福島と沖縄の類似点が述べられていた。沖縄では辺野古での新基地建設が民意の大半を占めているかと思ったら、相当な切り崩しを受けて、昨年の県知事選では、安倍政権支援の候補者が31万票、玉城知事39万票と、「民意は分かれた」のであった。知事の舵取りは、今後も紆余曲折の道を辿るだろう。

 一方福島はと言えば、各家族、隣近所、各自治体などは大きな絆で結び付いていた。それが原発事故で、原発から20キロ圏、30キロ圏、それ以外と、一律に同心円状の賠償が実施された為、それが良き古き福島を完全に分断してしまった。嫉妬や差別…ありとあらゆる人間の心の黒い沁み=罪が露呈し、8年目を迎えようとする今も、根強く残っている。いわき市双葉郡からの避難者が多い。直に話を聞ける。皆押し黙ったままで、ニュータウンでも、地元か双葉出身かで、新しい交流は芽生えない。思いが心の底に沈潜している。

 そんな状況下、教会は「最後に申します。あなたがたはみな、心を一つにし、同情し合い、兄弟愛を示し、あわれみ深く、謙遜でありなさい」(ペテロ第一3:8)という神のご命令に従うべく努めている。主イエス・キリストへの信仰という一点だけで、心を一つにしている。

 分裂の現況は教会にとっては、心を一つにする好機かもしれない。分裂は政権を利するだけである。力を尽くして、地域の連帯の為努力したい。

 

戊辰戦争開戦から150年

 「また、両者を一つのからだとして、十字架によって神と和解させるためなのです。敵意は十字架によって葬り去られました」(エペソ2:16)

 福島に3年前引っ越して来て、初めて地方紙福島民報を購読するようになった。全国紙は毎日新聞くらいだった。一昨年の暮近く、この勿来に朝日新聞の営業所が出来たので、比較の為替えてみた(*私は長年にわたり朝日の購読者だった)。そうしたら双方に長所・短所があるのが分かった。それなら両紙をと考えるところだが、貧乏人の私としては二者択一しかない。福島を良く知るには、朝日の地方版は記事が少な過ぎるので、福島民報を読んでいる。

 最近思うのだが、この民報は随分会津からの発信記事が多い。その会津と言えば、勿論戊辰戦争の激戦地で有名。白虎隊の名前は、私たちの記憶から過ぎ去る事が無いだろう。

f:id:hatehei666:20150701110857j:plain

 2015年7月1日、二本松でのきつい除染作業から解放された日曜日、初めて会津若松駅まで電車で行き、鶴ヶ城も見て来た。ぐるっと回ったけれど、時間が無くて白虎隊の墓など見学出来なかった。福島移住に関しては、会津周辺に安い物件が集中していたので、雪が多いこの地域を一目でもと思った次第である。写真の左側に白虎隊士の像が見える。

 今年は戊辰戦争開戦から150年経つ。長州出身の現首相は勿論、明治維新から150年と言うだろう。日本近代国家の始めという意味で、政権側は祝賀ムードだそうである。官軍と戦った東北の諸藩は「賊軍」なのだ。

 しかし山本義隆氏は『近代日本百五十年ーー科学技術総力戦体制の破綻』の中で、庶民の目線からすれば、それはおよそ祝される歴史ではなかった、という事をつぶさに述べている。その最後に福島第一原発事故を挙げ、科学技術幻想の終焉と位置づけた。nankaiさんも繰り返し同じ主旨の事を述べている。

 昨年12月31日の福島民報では、民族学赤坂憲雄氏が、今なぜ戊辰戦争150年なのかを明快に述べていた。それは東北からの反撃なのだ。赤坂氏は東京都出身、私も身近に感じる存在である(*別に偉そうに言うつもりは微塵もないが、もし学区を当時住んでいた調布市に戻したら、同じ都立高校に行ったかもしれないほど)。なにが違うのか?私は大学4年の始め頃までは、「明治維新150年派」だったし、福島第一原発が起こるまでは東北にほとんど関心がなかった。

 しかし赤坂氏は違う。現在福島県立博物館の館長を務める。そして何より「東北学」の嚆矢とも言うべき人物である。

 赤坂氏はこう言う。「『明治維新百五十年問題』に対して、きちんと鎮魂をしてこなかったことが最大の問題だ。会津でも戊辰戦争で亡くなった人たちの遺体が埋葬されなかった…たまたま敗者となった人への敬意、鎮魂、痛みを認めなかった。あまりにも希薄だった」

 なるほどそうだなあと思う。沖縄然り、日清、日露、太平洋戦争も然りである。沖縄は現在も残酷な目に遭っている。

 救い主イエス・キリストでも、「その死体を次の日まで木に残しておいてはならない。その日のうちに必ず埋葬しなければならない。木につるされた者は、神にのろわれた者だからである。あなたの神、【主】が相続地としてあなたに与えようとしておられる地を汚してはならない」(申命21:23)とあるように、群衆から支配者に至るまで、全ての人による呪いのもとに置かれ、十字架にかけられたにもかかわらず、丁重に埋葬されたのだ。

 福島や東北では、いまだ戊辰戦争による心の傷が癒されていない。だから薩摩・長州に対する恨みツラミは深い。

 赤坂氏は「会津にいると戊辰戦争は終わっていないと気付く」と言い切る。「つい最近のことだと感じる」とも。

 この敵意は続く。しかし和解策はある。上記聖書個所で明白なように、十字架で死に、埋葬され、三日目に甦られた救い主イエス・キリストを信じる事によってである。

 福島での元旦を迎えるにあたり、大切な事を学んだ。